DIYでセルフリノベーションをすると、自分好みのインテリアにすることが可能です。

株式会社フィードで中古不動産をリノベーション-評価と口コミまとめ

MENU

セルフリノベーション

賃貸の場合でもDIYでセルフリノベーションをすることは可能です。

 

セルフリノベーションとは、DIYリフォームと言われることもあり、簡単に言うと住みやすくするための改良ということになります。

 

リフォームとの違いとしては、リフォームよりも大規模のことをリノベーションと表現するようです。
DIYは、ご存知の方も多いと思いますが自分自身で改築や修復、製造などを行うことを言い、日曜大工とほぼ同意義です。

 

 

セルフリノベーションでインテリア全般をお好みの環境にすることが可能です。

 

例えば、キッチンまわりの収納棚では、木の素材を使ったりするとナチュラル感が出ますし、キッチン下部のシンクまわりも強力両面テープなどで木目素材を貼り付けるだけでイメージが変わります。
また、防水加工したベニヤ板やタイルを貼ってみても良いかもしれません。

 

玄関では、すのこなどを利用して置いた靴の下からの通気性も良い状態などにすると利便性も出てきます。
使用する椅子やテーブルはインテリアとして購入してくれば良いだけですし、賃貸でも雰囲気を変えることが可能です。
それぞれ、お部屋のイメージを統一して工夫されてみて下さい。

 

 

セルフリノベーションにはメリットもありますがデメリットもあります。

 

DIYでやることで業者に頼むよりも人件費などが抑えられますが、道具代や材料費などはかかります。
それなりの出費は考えなくてはいけません。
デメリットとしては小道具なども含め、サイズ違いが測り間違いをすると何度もホームセンターに通い、買いなおさなくていけない点などがあります。

 

 

いかがでしたでしょうか。
DIYでセルフリノベーションをすると自分のお好みのインテリアにすることが可能です。
昨今では、ホームセンターの数も毎年増えていますし、DIYショップも増えてきています。

 

また、DIYでセルフリノベーションをされたい方は、DIY可能な賃貸物件などがあるので探してみて下さい。
まずはおおよそのリノベーションの予算を決めておくといいかもしれません。