中村建治氏の経営理念には、社員の人生を物心両面において豊かにできる企業となる言葉が含まれています。

株式会社フィードで中古不動産をリノベーション-評価と口コミまとめ

MENU

社長中村建治氏について

株式会社フィードの社長である中村建治氏とはどのような方なのでしょうか。

 

中村氏は家族の絆や家族の中に見られる愛情を大切にする人です。

 

例えば、起業する時のきっかけになったのは父親との深い関係でした。
中村氏は子供の時に、いつも仕事に打ち込んでいる父親の姿を見て尊敬や憧れの気持ちを持っていました。
また、父親が家に帰ってきてから、いきいきと語る仕事の話を聞くのが大好きだったようです。
小さな子供が目を輝かせながら、父親の横で話を聞いている様子が目に浮かびます。
このような父親との関係を通して作られた価値観が中村氏の起業の原点になりました。
自分も子供にいきいきと確信を込めて仕事について語りたいと思い、社会やお客様のためになる仕事はなんだろうと考えるようになったのです。

 

結果として、2007年8月に株式会社フィードが設立されます。

 

会社の経営理念は、社会の未来をまっすぐに見つめることや、
お客さまの暮らしに有意義な時間を提供できる企業となるなど、中村氏の温かな思いが反映されています。

 

そして、会社がサービスを提供する相手側だけに目が向くのではなく、提供する側、
つまり身内とも言える社員にも温かな目が向けられています。
社員の人生を物心両面において豊かにできる企業となる、という言葉が経営理念の中に含まれているのです。

 

ブラック企業などという言葉がよく使われるようになり、経営効率ばかりに目が向いてしまい
社員が犠牲となるようなケースが多い時代にあって、
このように社員自身や社員の生活に目を向ける企業は本当に稀ではないでしょうか。

 

これは、中村氏が父親から愛されて育ってきたことによって感謝の気持ちを育み、
自分も父親に倣って他の人に関心を払うよう努力されてきたからでしょう。

 

中村氏は、経営理念通り株式会社フィードが社会において価値のある存在となるよう、
不動産事業を軸としつつも、医療や広告の分野の事業にも力を入れています。

 

株式会社フィードを今後中村建治氏がどのように発展させ、
より一層、社会や顧客のために魅力的なサービスを提供させていくのかを楽しみにしたいと思います。