温かな住まいを創りだす古民家リノベーションは、住み替えの新たな選択肢になりそうです。

株式会社フィードで中古不動産をリノベーション-評価と口コミまとめ

MENU

古民家リノベーション

最近では、インターネットで仕事をする人が増えていますので、
空家問題がある一方で環境の良い田舎の古民家を住まいとして選ぶ人が増加しています。

 

木のぬくもりを感じられたり、歴史の醸しだす重厚な雰囲気に魅せられたりと古民家の魅力を高く評価する傾向が年々高まっているのです。

 

古くからある家を、現代でも住みやすいように整備するのが古民家リノベーションです。古民家リノベーションにはどんなメリットが有るのでしょうか。また、気をつけるべき点もあります。

 

 

メリットはなんといっても古民家独特のデザインです。

何十年、時には何百年も使われてきた太い柱や梁は絶対に今の新築では得られない味を出しています。
しかも、使われている木材は時が経てば経つほど強度が増していきます。

例えば、ひのきは、伐採されてから100年後に強度が強くなり、その後300年位は強度を維持すると言われています。
けやきも、強度が落ちて劣化していくのは800年位経ってからです。

 

家に使われている建材が主張する力強さや伝統は、住まいのデザインをより印象的なものとするでしょう。
また、現代的な間取りではなく、古民家は様々な間取りのバリエーションが有ります。
住みやすくて、オリジナリティあふれる家を実現するのに最適なのが古民家リノベーションと言えるでしょう。

 

 

しかし、断熱性が弱いという点も覚えておきましょう。

古民家は風の通りが良い造りとなっています。
ですから、夏は涼しいのですが、冬はその特性ゆえに寒く感じます。
それで、リノベーションをするときには暖房効率や断熱性を高める施工を中心に行っていくことができるでしょう。

 

光熱費を安くするためにオール電化を導入する方法などもありますので、
業者とよく家の特性を調べながら施工方法を考えていきましょう。

 

 

古民家リノベーションをすると固定資産税が軽減できたりすることもあるので、
自治体に確認することも忘れないようにしたいと思います。
決して新築では実現できないような温かな住まいを創りだす古民家リノベーションは住み替えの新たな選択肢になりそうですね。